上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




京都2
有料・無料 女性解禁・禁制の違いはありましたが 
実際に上に乗ることが出来る山鉾がありました 
我々が見学した「放下鉾」は無料でした 

京都3
会所?(名称知らない)らしき建物から 
階段を伝わって鉾の上へと移ります 
日本三大曳山祭りと称されますが 
一般客が屋台の上へ登るのは 
少し想像しがたい場面でした 

京都4
「放下鉾」からの眺望

ブログランキング参加中です
1Day 1Click Please
いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ





ごひいきやご近所さんを大事にする。そういう文化なのでしょうね。
【2012/08/01 07:59】 URL | AzTak #xZCYq0Xc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/02 15:18】 | #[ 編集]
> AzTak さん

国宝級の代物を間近で拝見出来るのは驚きでした。

一般の観光客が“山車”の上に乗ることは
秩父では想像しがたい事なので。
秩父夜祭の屋台の場合、屋台町会の人間でも
ごく限られた人しか屋台の上には登れません。

京都の心意気に感動するとともに、
山鉾に傷と付けたりする
心ない無粋な人がいないことを願います。
【2012/08/03 05:18】 URL | 夜のカメラマン #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 気ままなギャラリー「SCENE・風景」, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。